DataRobotに高い関心を示す来場者で大盛況! | 機械学習

DataRobotに高い関心を示す来場者で大盛況! | 機械学習

「第1回 AI・人工知能 EXPO」NSSOLブース・レポート

2017年6月28日~30日の3日間、東京ビッグサイトにおいて日本初のAI/機械学習専門展示会「第1回 AI・人工知能 EXPO」が開催された。新日鉄住金ソリューションズの展示ブースでは、機械学習プラットフォーム「DataRobot」を出展。”機械学習を自動化するプラットフォーム”に高い関心を示す来場者が多数詰めかけた。

DataRobotのデモに興味津々の来場者

AI/機械学習に注目が集まるなか、日本で初めてのAI/機械学習の専門展示会「第1回 AI・人工知能 EXPO」が、日本最大のコンテンツビジネス国際見本市「コンテンツ東京 2017」と同時に開催された。入口受付から長蛇の列ができ、会場内は多くの来場者でごった返した。

同展示会には、AI/機械学習分野でビジネスを展開する100社以上の企業がA・Bの2つの会場に分かれてブースを出展。メインとなるA会場のほぼ中央にブースを構えた新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は、機械学習プラットフォーム「DataRobot」を展示した。

ブース手前のカウンターには6台のPCが並べられ、DataRobot社とNSSOLのスタッフが来場者に対してデモを交えながら個別に説明。”機械学習を自動化するプラットフォーム”であり、誰でも簡単に機械学習に取り組めるDataRobotには、来場者が順番待ちするほどの高い関心が寄せられた。

ブース奥には、DataRobotの機能や開発スタッフ、国内導入事例などを紹介するパネルが掲示。その脇に用意していたカタログは初日午前中に予定していた枚数が捌けてしまい、スタッフが急遽、追加印刷に走るなど、予想をはるかに超える人出にうれしい悲鳴を上げる場面もあった。

来場者でごった返す会場入口
来場者でごった返す会場入口
ブース手前のカウンターでは個別にデモを実施
ブース手前のカウンターでは個別にデモを実施

セッションスペースは通路に人がはみ出す盛況ぶり

NSSOLブースの目玉は、通路に向けて設置したセッションスペース。ここではDataRobot社 のデータサイエンティスト、およびNSSOLのエンジニアが30分おきに交代で登壇し、DataRobotを紹介するプレゼンテーションが行われた。プレゼンテーション中は多くの来場者が詰め掛け、DataRobot社のチーフデータサイエンティスト、シバタアキラ氏のプレゼンテーションでは100人を優に超える来場者が耳を傾けてくれた。

ブースに立ち寄った来場者からは「機械学習の経験はないが、DataRobotなら自分でも扱えそう」「興味を持ったので、ぜひNSSOLに詳しい話を聞いてみたい」といった好意的な声が多く聞かれるなど、接客を担当したスタッフは「予想以上に多くのお客様に興味を持っていただき、とてもありがたい」と、その反応の大きさに思わず感謝する声も。

DataRobotの可能性と今後のビジネスの広がりを、改めて感じさせてくれた3日間だった。

DataRobot社チーフデータサイエンティスト シバタアキラ氏のプレゼンテーション
DataRobot社チーフデータサイエンティスト シバタアキラ氏のプレゼンテーション
プレゼンテーションに熱心に耳を傾ける来場者は通路にも溢れた
プレゼンテーションに熱心に耳を傾ける来場者は通路にも溢れた
DataRobotに関するお問い合わせ
M3DaaS@absonne カタログ