• 「データ可視化サービス」SysTrackが可能にする「働き方改革」① ~PCのユーザビリティを把握して情報システム部の業務をサポート~

    2019.03.27

    M³DaaS

    「データ可視化サービス」SysTrackが可能にする「働き方改革」① ~PCのユーザビリティを把握して情報システム部の業務をサポート~

    「働き方改革」が目指す生産性の向上を実現させるには、ツールとしてのICTの利用が不可欠である。

    もしPCのユーザビリティが不足していたら、働き方改革への取り組みの足を引っ張ってしまう。働く環境としてのユーザビリティを確保するには、ユーザパフォーマンスに関するデータ取得が必要といえる。

    今回はそうした課題を解決するため、M³DaaS@absonneのオプションサービスとして導入される「データ可視化サービス」SysTrackについて紹介していく。



    「働き方改革」は生産性の向上なくして実現できない

    2019年4月の「働き方改革関連法」の施行に向け、多くの企業では話題となっている有給休暇の取得義務化など、特に労務管理面での対応に追われている。
    しかし、「働き方改革」が真に目指すところは、単なる残業の削減や有給休暇の取得日数増加ではない。

    少子高齢化により労働人口不足が急速に進行する日本では、生産効率を向上することで働き手にかかる負担を減少させ、より良いワークライフバランスを実現し、みんなが幸福に働ける環境を実現することこそが「働き方改革」の本当の目的といえる。関連法もそうした幸せな環境を目指すための施策の一つなのである。働き手の負担が減少した結果、生産性も減少してしまう事態は避けなければならない。



    仕事への取り組み方を変えるために必要なPCのユーザビリティ


    企業としてはこうした法制に対応するためにも、また従業員の満足度の向上のためにも仕事の生産性を向上する仕組みを作る必要がある。

    モバイルワークや在宅ワークなどを含むテレワークは、働き手の時間を無駄なく活用できる点で有効な手段の一つとなるだろう。PCを社外に持ち出した場合、情報漏えいなどのセキュリティ面に不安が生じるが、仮想デスクトップ(VDIやDaaS)を導入することでその不安を解消することができる。

    ただしセキュリティ面に注意しても、PC自体のことを忘れてしまっては不十分な対応になってしまう。生産性向上には快適なPC環境を整えることが大前提となる。

    そこで問題になるのが仮想デスクトップ環境におけるPCのユーザビリティだ。
    ユーザビリティは単なる機器やサービスの使いやすさを指すのではなく、それらを使用してビジネスを実行していくうえでのツールの利便性や、充実したサーバーリソースなど環境を含めた使いやすさを意味する。



    情報システム部がすべてのユーザーに個別対応するのは限界がある


    このユーザビリティを社員に対して提供する役割を企業内で担うのは、主に情報システム部だ。機材やサービスの選定から教育、運用保守までを一手に引き受ける。そして、機器の不調など不満の問い合わせ窓口も情報システム部の仕事だ。

    しかし通常の業務もこなしながら社員個々の要望に対応するのは手間もかかるし、なかなか難しい。
    たとえば一人が仮想デスクトップの速度の不満を訴えたときに、情報システム部がその原因を迅速に判断することは困難だ。接続端末の故障かもしれないし、無線LANの調子が悪いのかもしれない。特殊なアプリケーションを動かしているためにメモリやCPU速度が不足しているのかもしれないし、使用しているSaaSやアプリ自体のパフォーマンスが出ていない可能性もある。

    初期段階でこうした切り分けができないと、原因特定のために可能性を一つひとつ潰していかなくてはならなくなる。



    仮想デスクトップの性能情報を「見える化」する「データ可視化サービス」


    そうした悩みを解消するために、M³DaaSのオプションサービスとして、2019年4月から「データ可視化サービス」の提供を開始する。重要な機能の一つは、仮想デスクトップの性能情報を「見える化」することだ。

    仮想デスクトップには、OSやアプリケーションのリソース使用率や、Webサイトごと、アプリケーションごとの利用時間などがデータとして記録されているが、ユーザー企業がこれらのデータを取り出し、分析に使用するのは一苦労だ。

    しかし、データ可視化サービスではNSSOLの知見をもとに作成したフロー図と手順書を提供しているため、その順番で必要なデータを指定していくことで、ダッシュボード上にグラフや表の形でデータをわかりやすく「見える化」してくれる。

    従業員からユーザビリティに関する問い合わせが入った時、データ可視化サービスなら、その社員の仮想デスクトップのリソース状況などをリアルタイムで確認できるため、情報システム部はユーザビリティ低下の原因について、スピーディーな判断と対応が可能になる。



    個人の利用状況を詳細に把握して「働き方改革」をサポート


    仮想デスクトップとアプリケーションの間の遅延を把握
    仮想デスクトップとアプリケーションの間の遅延を把握


    さらに、データ可視化サービスは、個人の仮想デスクトップの利用の仕方も把握できる。
    物理的なリソース情報だけにとどまらず、ログイン・ログオフの時間や、使用アプリケーションの情報も可視化できるため、ユーザビリティの不満を訴える社員のデバイスの利用状況を簡単に把握できるわけだ。

    どの日時のどんな作業中に、リソースが不足する状況が起こるのかが見えてくる。
    その社員固有の状況であれば、あるWebブラウザの使用中にリソースが不足気味になるなど、特定の2種類のアプリケーションを組み合わせて使用している作業中にユーザビリティが落ちるなどの状態が見えてくる。そうした快適度の低い状態をいかに回避すればいいかをアドバイス可能になる。

    こうした見える化で、不満の原因がCPUなのかメモリなのかネットワークなのか判断し、深掘りして表示することで、いつから問題があるのか、どこの経路に問題があるのかなども判断できる。

    ほかの社員との性能情報比較もできるため、個人の使い方が原因なのか、一律にリソース不足が発生しているがほかの人間は声を上げていないだけなのか、というチェックもできる。



    全体の「見える化」で、トラブル回避や快適度評価も可能に


    情報システム部としては、個々の問い合わせ対応ばかりでなく、全体のシステムやリソースを監視するためのツールとしてデータ可視化サービスを活用し、プライオリティーの高い全社的なトラブルの回避や、リソース増強のタイミングを考えた効果的なICT投資に役立てることも可能だ。

    ログイン状況の一覧で、個々の仮想デスクトップの利用の有無が見られ、社員全員分のログイン状況の推移を日や週の単位でグラフ化してモニタリングすることも可能なため、全体のリソース利用状況を把握し、リソースのピークなども確認できる。

    通常と異なる状況も一目でわかり、常にパフォーマンスをぎりぎりまで使用しているといった状態が事前に判断できるため、重大なアクシデントにつながるかもしれない予兆判定への利用も可能だ。



    正常性モニタリング用ダッシュボードで、日別のリソース利用状況を把握し、トラブルの予兆などの判断に役立てられる
    正常性モニタリング用ダッシュボードで、日別のリソース利用状況を把握し、トラブルの予兆などの判断に役立てられる


    「働き方改革」のための環境整備として、機器のパフォーマンス、ユーザビリティを守る作業は継続しなければならない課題だが、データ可視化サービスの「見える化」は、情報システム部のモニタリングの負担を大幅に軽減してくれるだろう。

    今回は「データ可視化サービス」について、主にユーザビリティに関する課題を解決する機能を紹介した。
    次回はさらに深掘りし、社員の業務効率を可能にする機能や利用方法について紹介していく。


    ※SysTrackは、レイクサイド ソフトウェア社のワークスペースアナリティクス ソリューションです。

    M³DaaS@absonneカタログ
  • 「データ可視化サービス」SysTrackが可能にする「働き方改革」② ~社員の業務把握を容易にして業務効率化をサポート~

    「データ可視化サービス」SysTrackが可能にする「働き方改革」② ~社員の業務把握を容易にして業務効率化をサポート~

    2019.03.29

    M³DaaS

  • 「データ可視化サービス」SysTrackが可能にする「働き方改革」① ~PCのユーザビリティを把握して情報システム部の業務をサポート~

    「データ可視化サービス」SysTrackが可能にする「働き方改革」① ~PCのユーザビリティを把握して情報システム部の業務をサポート~

    2019.03.27

    M³DaaS

  • 今からでも間に合う!Windows 10導入・運用セミナー~仮想デスクトップで(DaaS | VDI)移行も運用管理も楽々解決~・セミナーレポート<br>[第3回]NSSOLが支援する、Windows10運用を効率化するデスクトップ仮想化

    今からでも間に合う!Windows 10導入・運用セミナー~仮想デスクトップで(DaaS | VDI)移行も運用管理も楽々解決~・セミナーレポート
    [第3回]NSSOLが支援する、Windows10運用を効率化するデスクトップ仮想化

    2018.10.25

    M³DaaS

  • 今からでも間に合う!Windows 10導入・運用セミナー~仮想デスクトップで(DaaS | VDI)移行も運用管理も楽々解決~・セミナーレポート <br>[第2回]Windows10のSAC追従支援

    今からでも間に合う!Windows 10導入・運用セミナー~仮想デスクトップで(DaaS | VDI)移行も運用管理も楽々解決~・セミナーレポート
    [第2回]Windows10のSAC追従支援

    2018.10.24

    M³DaaS

  • 今からでも間に合う!Windows 10導入・運用セミナー~デスクトップ仮想化(DaaS | VDI)で移行も運用管理も楽々解決~・セミナーレポート <br>[第1回]Windows10の導入は、その後の運用も考慮して検討しなければならない!

    今からでも間に合う!Windows 10導入・運用セミナー~デスクトップ仮想化(DaaS | VDI)で移行も運用管理も楽々解決~・セミナーレポート
    [第1回]Windows10の導入は、その後の運用も考慮して検討しなければならない!

    2018.10.23

    M³DaaS

M3DaaS@absonne カタログ