仮想デスクトップ

データ可視化

データ可視化の概要

SysTrackの活用により、VDI/DaaS導入前のサイジングから導入後の性能モニタリングまでサポート

データ可視化サービスでは、ワークスペースアナリティクスソリューション「SysTrack」の利用により、ユーザーのPC端末上での行動やVDI/ DaaSの性能情報を可視化します。
VDI/DaaSの導入前に利用すれば、アプリケーションの利用状況を正確に把握にすることで、適切なサイジングが実現できます。
また、VDI/DaaSの導入後には、動作遅延等の原因分析を短期化し、プロアクティブな対応を可能にします。さらに、従業員一人一人の業務実態や勤務時間を正確に把握できるため、長時間労働の傾向分析や業務の適正化にもつながります。

データ可視化の概要

動画

DaaS性能可視化サービスのご紹介

実際の事例を交えて、データ可視化サービスの特長を詳しくご紹介します。

こんなお悩みはありませんか?

こんなお悩みはありませんか?

  • 「遅い/動かない」トラブルの原因特定ができない
  • 毎回様々なツールを使い、あらゆるコンポーネントを調査するのが手間
  • 長期間解決できない問題を放置してしまっている
  • 遅いと言われるため、確証がないままリソース増強をしている
  • 導入したソフトウェアが実際に利用されいているのか知りたい
  • 無駄なライセンス料・保守料を支払っている気がする
  • 移行時の最適なリソース計画ができない

データ可視化サービスの機能

データ可視化サービスでご利用可能な機能の一例をご紹介します。

①組織分析ダッシュボード

組織単位(部署、職種、階級等)でアプリケーション(オフィスソフト、メール等)の利用時間・傾向を可視化します。組織ごとに時間のかかっている業務の比較・分析ができます。

①組織分析ダッシュボード

②ユーザー分析ダッシュボード

ユーザー単位でアプリケーション(オフィスソフト、メール等)の利用時間・傾向を可視化します。ユーザーごとに時間のかかっている業務の比較・分析ができ、働き方改革のサポートにもつながります。

②ユーザー分析ダッシュボード

③原因調査用ダッシュボード

リアルタイムにユーザー影響範囲を可視化します。また、OS/アプリケーションのリソース、起動時間、レイテンシのデータを相関評価、比較評価できる形で可視化します。動作遅延の原因を把握できます。

③原因調査用ダッシュボード

④正常性モニタリング用ダッシュボード

ユーザビリティを数値化し、可視化します。ユーザーが正常に利用できているか、快適に利用できているかを把握できます。

④正常性モニタリング用ダッシュボード

データ可視化サービスのユースケース

ユースケース① PC端末上の行動可視化による生産性向上

<ユースケース①>
PC端末上の行動可視化による生産性向上

下記のような情報を収集することで、エンドユーザーの業務の仕方が把握できます。

  • ログイン、ログオフの時間
  • アプリケーションの利用時間、最前面時間
  • Webアクセスログの取得
ユースケース② データ可視化によるユーザビリティ向上

<ユースケース②>
データ可視化によるユーザビリティ向上

  • 突発分析支援:ユーザーから遅いと言われた時間のデータを可視化し、問題の切り分けをサポートします。
  • 定常分析支援:リアルタイムで、リソース使用状況や、ユーザビリティの状況が把握でき、定常的なモニタリングをサポートします。

SysTrackはリプレースに向けた既存VDI環境の可視化にもおすすめです!

SysTrackはユーザーエクスペリエンスを可視化できるため、「既存VDI環境の実態を把握し、リプレース時に適切なサイジングをやり直す」といった利用も可能です。「VDI性能情報診断」としてこちらのページで別途ご紹介しております。

M³DaaSカタログ

M³DaaSカタログ

M³DaaSシリーズの詳細をご説明するカタログをご用意いたしました。
M³DaaSを導入すると何が解決できるの?どのようなメリットがあるの?サービスの詳細は?という疑問に回答するカタログです。
ぜひこの機会にご確認ください。

ダウンロード

M³DaaSや仮想デスクトップに関するお問い合わせ

M³DaaSや仮想デスクトップ導入前のご相談やお見積り依頼、デモ依頼などお気軽にご連絡ください。
また、クラウドファイル共有や標的型攻撃対策などに関するご相談も承ります。

お問い合わせ