1. 文書管理システムのNS Solutionsホーム > 
  2. 文書管理 > 
  3. OpenText Documentum > 
  4. 製品 > 
  5. Documentum

OpenText Documentumトップイメージ

OpenText Documentum

企業内では大量の文書が作成され、それらを管理する必要に迫られます。ファイルサーバー等のファイルシステムの機能には限界があり、たとえば必要な文書を即座に取り出すことができない、あるいは複数のバージョンの文書が混在し問題を起こすなど、ビジネスを進めていく上で非効率を生み出します。
OpenText Documentumは、文書が作成され破棄されるまでのライフサイクル全般を管理し、さらにバージョン管理、アクセス制御といった企業内の文書管理に必要な多様な機能を提供するソフトウェアプラットフォームです。

総合的なコンテンツ管理

OpenText Documentumは、ファイルフォーマットには依存しない総合的なドキュメント管理プラットフォームです。Word、Excel、PDFといった一般的な文書形式に加え、企業内アプリケーションの独自形式でも管理することができます。
多様な文書に対して、そのライフサイクルやワークフロー管理の基盤を提供することにより、業務の効率化を支援します。
さらに、文書に対するきめ細かなアクセス制御をサポートしており、OpenText Documentumが持つ監査機能によって万全のセキュリティ対策を行うことができます。

Documentumの概要 / 全体像

Documentumの概要/全体像

OpenText Documentumの主要機能紹介

ここでは、OpenText Documentumのユーザービリティの高い主要な8機能を紹介します。

◆ チェックイン/チェックアウト

チェックイン/チェックアウト

ファイルシステムでは文書のシンプルな排他制御しか行うことができません。ファイルシステムレベルで読み込み可や書き込み不可といった属性を与えることはできるものの、文書を複数の人で共有するためには、より柔軟性の高い排他制御の仕組みが必要です。
OpenText Documentumは、文書のチェックイン/チェックアウトの機能を提供します。ユーザーが文書をチェックアウトすると、その文書は他のユーザーからは上書きができなくなります。また、ユーザーが文書をチェックインすると他のユーザーからも上書きが可能な文書になります。チェックインとチェックアウトをコントロールすることによって、共有している人同士で不要な変更や上書きを防ぐことができます。

◆ バージョン管理

バージョン管理

OpenText Documentumはすべての文書の変更履歴と変更の情報を保持し、容易に文書の最新のバージョンを参照することが可能です。また、バージョンを分岐させて管理することができるなど、文書の柔軟なバージョン管理を実現しています。

◆ バーチャルドキュメント

バーチャルドキュメント

文章の変更が発生することで、その文書から派生したPDF、HTMLなど関連する文書を素早く探しだすのは容易ではありません。OpenText Documentumは文書同士を関連付ける機能を持っています。文書同士を関連付けることで、たとえば一方の文書が変更された際に、関連付く文書の見直しを促すなどの使い方ができます。

◆ 文書の関連付け

文書の関連付け

文章の変更が発生することで、その文書から派生したPDF、HTMLなど関連する文書を素早く探しだすのは容易ではありません。OpenText Documentumは文書同士を関連付ける機能を持っています。文書同士を関連付けることで、たとえば一方の文書が変更された際に、関連付く文書の見直しを促すなどの使い方ができます。

◆ クイックフロー

クイックフロー

OpenText Documentumは定義済みのワークフローに従った承認プロセスに加えて、クイックフローと呼ばれるアドホックなワークフローを定義することができます。その場その場で必要に応じたクイックフローを定義できるため、レビューや承認の手続きを迅速化することができます。

◆ ライフサイクル

ライフサイクル

OpenText Documentumは文書の作成から破棄されるまでの状態を保持し、管理できます。状態に応じたアクションを設定でき、たとえば文書の状態の遷移と同時に保存先を変更する、あるいはアクセス権などの属性を自動的に変更するといった設定が可能です。

◆ 監査証跡

監査証跡

OpenText Documentumはすべての文書に対して、行われた操作を記録しているため、すべての文書に対して厳密な監査証跡を行うことができます。文書に関する膨大な記録から、フィルターを使って特定のイベントを抽出して調査するといったことも可能です。

◆ アクセス管理

アクセス管理

OpenText Documentumは文書に対するアクセス権を詳細なACL(アクセス権リスト)を使って設定、管理することができます。作成したACLはオブジェクトとして保存、再利用することがでるほか、既存のACLを継承して再利用できます。また、ライフサイクルの状態に応じてACLを自動的に変更するといった管理もサポートしています。

VMWareとの高い親和性

OpenText DocumentumとVMWareは同じOpenText製品*であるため、親和性が非常に高く、またOpenText Documentumを仮想サーバー上に構築をする事で、物理サーバーの台数を減らす事が可能になります**

*VMWare社はOpenText社の関連会社です。
**利用するミドルウエアによっては物理サーバーが必要となる可能性が御座います。


 

導入実績

OpenText Documentumは、グローバルで23年の実績を誇り、全世界20,000社以上の導入実績があり、なかでも海外の官庁関連機関*で多く導入されています。また、日本でも規制が厳しい製薬、製造業などで数多く導入されています。

オープンスタンダードへの対応

ユーザーインターフェイス Internet Explorer 8 for Windows XP [1]
Windows 7 [2]
Internet Explorer 10 for Windows 8 [4]
Internet Explorer 9 for Windows 7 [3]
Firefox 10.0.x
Safari 6.0
開発環境 J2EE
.NET
Webアプリケーションサーバー Apache Tomcat 7.0.29
VMware vFabric tc Server 2.8.x [1]
Oracle WebLogic Server 12c (12.1.1)
データベース Oracle 11g Release 2(11.2.0.3.0)
SQL Server 2008 R2 SP2
SQL Server 2012
Oracle
SQL Server
ディレクトリサーバー IBM Tivoli Directory Server 6.3.0.7
Microsoft Windows Server 2008 Active Directory
Windows Server 2008 Active Directory Lightweight Directory
Services (AD LDS) [1]
Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 Active Directory
Windows Server 2008 R2 SP1 Active Directory Lightweight
Directory Services (AD LDS) [1]
Novell eDirectory 8.8 SP6
Oracle Directory Server Enterprise Edition 11g R1 (11.1.1.5.0) [2]
Oracle Internet Directory 11g R1 (11.1.1.5.0)
オペレーティングシステム Windows Server 2008 R2 x64 Edition with Service Pack 1/x64 [1]
Red Hat Enterprise Linux Version 6.3 x64 Edition/x64 [1]
  • 電子契約/Saas
  • CONTRACTHUB@absonne
  • ユーザー様へ
  • 文書管理
  • OpenText
  • OpenText Documentum
  • Oracle WebCenter
  • D-QUICK7
  • ワークフロー
  • AgileWorks
  • X-point
  • クラウド/SaaS
  • Nsxpres2 文書管理サービス
  • 原本管理サービス
  • 共有配信サービス

  • イベント・セミナーのご案内
  • nsxpres.comオンデマンドサービスのご紹介ムービー
  • カタログダウンロード
たいせつにしますプライバシー