1. 文書管理システムのNS Solutionsホーム > 
  2. 文書管理 > 
  3. OpenText Documentum > 
  4. 製品 > 
  5. Documentum IRM

OpenText Documentumトップイメージ

OpenText Documentum IRM

OpenText Documentum IRM

情報の共有とセキュリティは両立が難しいものです。管理者はファイルシステムが持つアクセス権や暗号化の機能を使ってファイルに対するアクセス制御を行うことができますが、ファイルシステムの機能だけでセキュリティを保つのは困難です。
たとえば、一般的なOSが持つアクセス制御では印刷の禁止やスクリーンキャプチャの禁止を行うことができません。秘匿性が高い情報も、ひとたび印刷されれば、紙の書類として外部に流出してしまう恐れがあります。
OpenText Documentum IRMは、ファイル単位で詳細かつ強力な保護機能を提供するアプリケーションです。情報の利用や共有を可能にしながら、強力なアクセス権管理によって安全を保ち、さらに情報の追跡を可能にします。

OpenText Documentum IRMの特長

◆ 永続的な情報保護

編集中や未使用中、転送中、配布後であっても常に情報は保護されます。

◆ 動的な権限管理

情報を受け取った側の個人ごとに、許可する操作をリアルタイムに変更できます。

◆ 有効期限の自動失効

どこにファイルが置かれていても、期限がきたら自動的にアクセスを失効させることができます。

◆ 継続的な監査証跡

文書ごとに、どのユーザーが何をしたのか詳細な記録が残されます。

◆ オフラインアクセス

インターネットにつながらない環境であっても、ファイルを開くことができます。

◆ 動的な透かし

印刷時に、いつ誰が印刷したのか強制的に出力させることができます。

◆ 既存インフラとの統合

既存の認証ドメインと統合でき、ユーザー管理の負荷の軽減や自動認証の利用が可能になります。

OpenText Documentum IRMの操作フロー

たとえば、ファイル制作者がIRMサーバーにログインし特定の人に対して「ファイルの閲覧」というポリシーを設定します。その設定情報及び暗号鍵がIRMサーバーに保管され、ファイルは暗号化されロックされます。このファイルをEメールなどで閲覧する権限を持つ人に送信すると、その閲覧者はファイルを開くときは必ずIRMサーバーに接続し、ポリシーが自動定期に照合されます。照合の結果、閲覧する権限を持っていることが確認出来れば、IRMサーバー上に保管されている鍵が閲覧者に送信されファイルが復号されて閲覧できます。

操作フロー

 

OpenText Documentum IRM機能一覧

◆ 文書への操作の制限

  • 表示、編集して保存、コピー&ペースト、印刷、スクリーンショット
  • ファイル名の変更やファイルのコピーがされても、制限は全て継承される。
文書への操作の制限

◆ 動的な権限設定

  • 配布後であっても、ファイルの差し替えをせずに権限を変更ができる。
  • 情報漏えい後も、瞬時にアクセス権の取り消し(文書の回収)が可能。
動的な権限設定

◆ 詳細なアクセスログの記録

  • ユーザーのOffice, Acrobatのプラグインから確認が可能。
  • サーバー側にはさらに詳細な情報が記録されている。
詳細なアクセスログの記録

◆ 透かしの印刷

  • 固定の文字列だけでなく、印刷時の動的な情報を強制的に出力。
  • PDFでは、ディスプレイにもリアルタイムに表示。
透かしの印刷

◆ 有効期限、有効な時間帯の設定

  • 期日(日付指定)もしくは期間(相対的な日数指定)でファイルを利用できる期限の設定が可能。
  • ファイルがいつから有効になるのかの設定が可能。
有効期限、有効な時間帯の設定

◆ ネットワークロケーションでのアクセス制限

同じユーザーの同じファイルへの操作であっても、アクセス元のネットワークロケーションによってアクセスの制限ができる。

ネットワークロケーションでのアクセス制限

◆ 所有者権限の移譲

  • サーバー管理者だけでなく、所有者自身が権限委譲の操作が可能
     → 組織の変更、担当者の変更などに、柔軟に対応できる

 

◆ オフライン

  • ネットワークに接続できない環境もサポート
  • 日数を指定して、オフラインを許可する期間を設定
  • ネットワークに再接続した時点で全ての操作ログをサーバーへ送信

 

◆ 認証システムとの連携、複数の認証システムの併用が可能

  • 既存の認証システム(Active Directoryなど)と連携するころができ、ユーザー管理の負荷を軽減
  • 複数の認証システムを使用する場合、統合の必要がない
     → 複数のActive Directoryを1つのIRM サーバーで連携可能
  • 外部ユーザー向けにも、1つのIRMのシステムで管理可能
     → セキュリティのために、インターナルとエクスターナルの分離を推奨

 

◆ Documentumとの連携

IRMはDocumentumとシームレスな連携が可能です。Documentumフォルダーに対してIRM保護ポリシーを定義します。そのフォルダーに格納されたドキュメントはポリシーに基づき、自動的にIRM保護されます。

  • 電子契約/Saas
  • CONTRACTHUB@absonne
  • ユーザー様へ
  • 文書管理
  • OpenText
  • OpenText Documentum
  • Oracle WebCenter
  • D-QUICK7
  • ワークフロー
  • AgileWorks
  • X-point
  • クラウド/SaaS
  • Nsxpres2 文書管理サービス
  • 原本管理サービス
  • 共有配信サービス

  • イベント・セミナーのご案内
  • nsxpres.comオンデマンドサービスのご紹介ムービー
  • カタログダウンロード
たいせつにしますプライバシー