1. 文書管理システムのNS Solutionsホーム > 
  2. 文書管理 > 
  3. OpenText > 
  4. 情報・コンテンツ活用例

Open Textトップイメージ

情報・コンテンツ活用例

活用例1:研究・技術文書管理

◆ 作成から承認・配布・廃棄を一元管理

全社1,000万件の文書(技術書、社内業務等)を一元管理することで、散在する文書を高速検索機能により瞬時に見つけることができます。社内の重要文書や技術文書はセキュア閲覧機能を用いてダウンロードと画面キャプチャを制御することで社外への情報漏洩を防止できます。技術文書など複数の文書をまとめて管理できるコンパウンド・ドキュメント機能により、情報管理の負荷を軽減する。

 

活用例2:業務システム連携

◆ 証憑管理と監査業務

業務において、外部から取得する証憑書類をイメージング機能で電子化し、支払承認をワークフロー機能により承認管理が当製品で可能です。電子証憑はERPなどの業務システムと連携して管理することにより、帳簿から証憑までの見読性を確保します。決算早期化、モニタリングや監査の効率化が図れます。

 

活用例3:プロジェクト成果物管理

◆ タスク進捗管理と成果物管理

フォルダ階層や組織とは異なるプロジェクトを管理するワークスペース機能があります。タスク管理や掲示板、納品物管理などが可能です。プロジェクトワークスペースはテンプレートが作成でき、プロセスの標準化などのツールとして活用することで業務を属人化することなく進めることができます。またプロジェクトをまたがる情報の横串検索により、類似事例や資料を活用することで社内の情報を有効利用できます。

 

  • 電子契約/Saas
  • CONTRACTHUB@absonne
  • ユーザー様へ
  • 文書管理
  • OpenText
  • OpenText Documentum
  • Oracle WebCenter
  • D-QUICK7
  • ワークフロー
  • AgileWorks
  • X-point
  • クラウド/SaaS
  • Nsxpres2 文書管理サービス
  • 原本管理サービス
  • 共有配信サービス

  • イベント・セミナーのご案内
  • nsxpres.comオンデマンドサービスのご紹介ムービー
  • カタログダウンロード
たいせつにしますプライバシー