AgileWorks

AgileWorks(アジャイルワークス)とは日本の商習慣に合わせて大企業向けに開発された高機能ワークフローパッケージです。

製品特長

追求したパッケージ型

  • 標準機能で高い網羅性
  • カスタマイズではなく「アドオン」のため本体のアップデートが可能
  • 直感的で現場にすぐ馴染むUI

高度なフロー制御

  • 複合条件分岐や兼務対応
  • 自動回付や都度回付
  • 並列合議や回付者の相対指定

大規模組織管理に対応

  • 組織変更や人事異動を先日付で事前設定
  • 改定前の組織に対して申請
  • ホールディングス企業など親会社からの部分権限の委譲

運用管理コストを削減

  • 未来日付管理(組織だけでなくフォームやフローも)
  • 代理承認や権限委譲
  • オーナー概念による閲覧権限管理の自動化

内部統制対策・情報活用

  • 監査対応、証跡印刷
  • 標準機能の豊富なログ出力
  • 全項目検索・集計機能

大企業で頻繁に行われる組織改定や人事異動に強いAgileWorks。ステージング環境でしっかりとした検証を行ったあとは本番環境に設定移行が可能です。前もって検証を終わらせることができるので、改定日当日に慌てることもありません。

申請フォーム

申請フォームは専用のツールを使ってマウス操作で作成します。
1度作成したフォームや配置した入力項目はそのままコピーして別のフォームに利用することもできるので作成工数を減らせます。
罫線付きのフォーマットとして作成することで見た目に分かりやすいフォームで運用できるので現場にすぐに浸透します。

承認フロー

承認フローの定義もビジュアルに作成可能です。アイコンをマウスで配置し、プロパティの設定をするだけで申請金額や申請内容による条件分岐や各部署に同時並行で確認を進めるような複雑なワークフローを構築することが可能です。
また、1つのフォームに複数の承認フローを紐づけることもできるので運用開始後に承認者が追加になったり、条件分岐が増えたとしてもメンテナンスは1つの承認フローのメンテナンスで済みます。導入後の管理工数にも配慮した設計です。

書類の検索

承認完了した書類や申請途中の書類を検索する機能が充実しております。
入力した項目すべてを検索キーとして利用できるので目的の書類がすぐに見つかります。
よく使う検索条件は個人ごとに保存しておくことで、自分に合った探し方ができます。

書類のビュー表示

検索結果は自動的に各フォームにソートされてタブ分けされるので書類ごとの確認も可能です。
検索結果をダブルクリックすることで書類が立ち上がり、内容の確認が行えます。
また、書類ごとに入力項目を見やすい並びに替えた一覧や入力項目に対するサマリ集計表の作成も行えますので、例えば部署ごとの件数の報告や経費科目ごとの金額合計の確認などに使えます。

関わる業務は関連付けて自動申請

業務よっては関わる書類を複数提出する必要があります。そのような場合は関連付けを行って自動申請を行うことで 出し忘れの防止になります。基の書類の入力内容を引き継げるので入力軽減にもつながります。 承認者や確認者はそれぞれ書類に紐づいた関連書類を立ち上げて作業ができるので確認がスムーズです。

例:入社連絡票の内容を基にモバイルアクセス申請書やソフトウェア導入申請書を各担当者に自動で回付します。

グループウェアとの連携を可能にする豊富なオプション

社内でお使いのグループウェア製品と連携して、ポータル上から承認待ち件数などの確認が行えるオプションをご用意しております。使い慣れた画面から確認が行えるので現場への定着もスムーズになります。

スマートフォンからの承認

モバイルオプションを利用することで、外出先にいながらスマートフォンでの承認が行えます。
出張中や外出中も承認業務を滞らせることはありません。
承認のために帰社することも減るため残業時間の削減にもつながります。

動作環境

動作環境につきましては、随時変更いたします。 新情報は以下メーカーのURLよりご確認いただけます。
 

サーバ環境

https://www.atled.jp/agileworks/functions/server_environment/
(株式会社エイトレッドへの外部リンク)

 

クライアント環境

https://www.atled.jp/agileworks/functions/client_environment/
(株式会社エイトレッドへの外部リンク)