仮想デスクトップ

vGPU

一覧に戻る

vGPUの概要

CADや動画編集などより高性能の環境が必要なお客様へ
vGPUの搭載により、グラフィック処理の高速化を実現

CADなどの3Dソフト利用や高画質の動画配信、動画編集はCPUに大きな負荷がかかるため、一般的にDaaS/VDI環境とは相性が良くないとされていました。こうした課題を解決するために、日鉄ソリューションズではNVIDIA社のvGPU(仮想GPU)を仮想デスクトップに搭載し、グラフィック処理を高速化するオプションをご用意しております。vGPUの搭載によりDaaS/VDI環境での、CADなどの3Dソフト利用や高画質の動画配信、動画編集が快適化され、より多くの職種の方のテレワークを実現します。

vGPUの特長

在宅勤務環境の提供

在宅勤務環境の提供

  • CAD設計者など従来自宅勤務が難しかった職種のリモートワーク実現
  • 画面転送プロトコル利用によるネットワーク負荷の軽減
コスト削減

コスト削減

  • 拠点ごとに配置している予備機の撤廃
  • 台数を見直すことによるCADライセンスなどの費用最適化
端末運用負荷軽減

端末運用負荷軽減

CADなど3Dソフトを利用するために用意していたFAT端末が不要に

  • Windows 10によるパッチやアップデート負荷の軽減
  • ワークステーション端末セットアップなどの負荷軽減
セキュリティ向上

セキュリティ向上

CADなど3Dソフトを利用するために用意していたFAT端末が不要に

  • Windowsパッチ等の確実な適用
  • ワークステーション内データの情報漏洩対策

構成イメージ

構成イメージ

vGPUの利用ケース

①CADやその他3Dソフトの利用

CADをはじめとした3Dソフトの実行には、サーバーに高い負荷がかかります。通常のCPUでこれらの高負荷な処理を実行するには限界があるため、vGPUの導入が必須となります。
日鉄ソリューションズでは、GPU市場の世界最大手メーカーであるNVIDIA社のGPUのうち、CAD用途として最適な「Tesla T4」を採用しています。CADソフトに準拠したサイジング設計に基づき、CAD利用に最適な仮想デスクトップ環境を提供可能です。

①CADやその他3Dソフトの利用

②高解像度の動画配信や動画編集

CADなどの3Dソフトを利用しない場合でも、vGPUの搭載は効果的です。高解像度の動画配信や動画編集といったCPUに大きな負荷がかかる処理を実行する場合は、vGPUを搭載することで快適な利用が可能になります。
また、Windows 10では従来と比較してOSのグラフィック系処理が約35%増加すると言われています。vGPUを搭載するとOS処理が高速化され、よりスムーズにDaaS/VDI環境を利用できます。

②高解像度の動画配信や動画編集
M³DaaS@absonne カタログ

M³DaaS@absonne カタログ

M³DaaS@absonneの詳細をご説明するカタログをご用意いたしました。M³DaaS@absonneで何が解決できるの?どのようなメリットがあるの?サービスの詳細は?という疑問に回答するカタログです。ぜひこの機会にご確認ください。

ダウンロード

M³DaaSや仮想デスクトップに関するお問い合わせ

M³DaaSや仮想デスクトップ導入前のご相談やお見積り依頼、デモ依頼などお気軽にご連絡ください。
また、クラウドファイル共有や標的型攻撃対策などに関するご相談も承ります。

お問い合わせ