セキュリティ

エンドポイント対策

一覧に戻る

エンドポイント対策ソリューション

ウィルス対策製品だけでは守れない標的型攻撃からエンドポイントを保護

次世代のエンドポイント対策とは

シグネチャベースのアンチウィルス製品などの従来型のエンドポイントセキュリティ対策だけでは高度化・巧妙化したサイバー攻撃を防ぐことが困難になっています。このため既知のマルウェアだけではなく、未知の脅威(未知のマルウェア、非マルウェア、ランサムウェア等)にも対応する機能に加え、侵入を前提とした脅威の検出、対応機能をもったEDR(Endpoint Detection & Response)を加えた次世代のエンドポイント対策が注目されています。

次世代のエンドポイント対策とは

次世代エンドポイントセキュリティソリューション概要

日鉄ソリューションズでは、次世代エンドポイントセキュリティソリューションとしてVMware社のCarbon BlackやTrendMicro社のApex One、Paloalto社 Trapsなどの製品およびエンドポイントセキュリティの運用を支援するMSS(マネージド・セキュリティ・サービス)をご提供しています。お客様のクライアント環境やニーズに合わせて、最適な製品をご提案いたします。

次世代エンドポイントセキュリティソリューション概要

CarbonBlack製品に関する詳しい情報はネットワークバリューコンポネンツ製品サイト(※)

※ ネットワークバリューコンポネンツはセキュリティ及びネットワークにフォーカスした当社の100%子会社です。

NSSEINTやセキュリティ製品やサービスに関するお問い合わせ

NSSEINTやセキュリティ製品導入前のご相談やお見積り依頼などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ